マンチェスター・シティ、カップ戦向けの2014-15新サードユニフォームを発表

昨季のプレミアリーグ王者で、この夏はポイントを絞った補強でチームを強化したマンチェスター・シティ

リーグ戦は開幕から4試合で2勝1分1敗という成績だが、リヴァプール、アーセナルという昨季の4強との対戦が含まれていることを考えればまずまずの序盤戦と言えるだろう。今週から始まるCLでは、昨季もCLのグループステージで同居したドイツ王者のバイエルン・ミュンヘンと17日にアウェイで対戦する。

manchester-city-2014-15-nike-third

Manchester City 2014-15 Nike Third

シティは15日、 空色のホーム、青のグラデーションが特徴のアウェイに続く、2014-15シーズンの新ユニフォームを発表。カップ戦向けのキットとして、紫のサードユニフォームが登場した。

manchester-city-2014-15-nike-third

シティの紫のユニフォームは、1990年代前半のアウェイや、近年ではサプライヤーがReebokだった時代の2007-08アウェイ以来となる。

manchester-city-2014-15-nike-third

manchester-city-2014-15-nike-third

サイドのライムグリーン(黄色っぽく見えるが公式表記はLime green)が印象的なデザイン。

リヴァプール 2017-18新ユニフォーム ホーム

2016-17シーズンもいよいよクライマックスに突入。

優勝争いやCL出場権争い、そして残留争いが本格化するなか、各チームは新シーズンに向けた動きを見せている。

そんななか、リヴァプールが他のプレミアリーグクラブに先駆けて来シーズンに着用する新ユニフォームを発表した。

Liverpool 2017-18 New Balance Home

リヴァプール新ユニフォーム

こちらがそのデザイン。

高級感を感じさせる深い赤色を基調とし、濁色のピンストライプを縦に配した。また、アクセントカラーとしてV字の首元と袖の部分にホワイトが取り入れられている。

これらのデザインは過去のモデルからインスピレーションを受けたという。

リヴァプール新ユニフォーム2

また、2017年はリヴァプールにとってクラブ創設125年周年。

そこで2017-18シーズンはよりシンプルになった記念エンブレムが使用され、今回のユニフォームは「クラブ創立125周年記念モデル」となっている。